肌の悩みが一気に増える40代は基礎化粧品の選び方が重要!

ウーマン

攻めのエイジングケアを

コスメティック

お勧めの美容成分

40代ともなると、攻めのエイジングケアが必要となります。日頃のスキンケアが保湿だけに特化した基礎化粧品ものでは、40代以降の肌年齢に対抗する事は難しくなるでしょう。40代ともなるとシワやたるみ、シミといった様々な肌トラブルに悩まされるようになります。これらの肌トラブルに対抗するべく、基礎化粧品に含まれる美容成分も見直す必要があるのです。40代が使用する基礎化粧品に、含まれていると嬉しい美容成分なのが「フラーレン」です。フラーレンは非常に優れた抗酸化作用を持っています。抗酸化作用が高いと言われるビタミンCの、約172倍もの抗酸化作用をフラーレンは持っているのです。シワやたるみ、シミといった年齢肌を引き起す原因の1つとして、体内の活性酸素が挙げられます。活性酸素が増え過ぎると肌細胞までもが、どんどん酸化してしまい結果、シワ・たるみ・シミといった老化現象が現れます。フラーレンを配合した基礎化粧品でケアする事により、活性酸素対策ができてエイジングケアに繋がるのです。フラーレン以外に40代以降におすすめなのが、レチノールを配合した基礎化粧品です。レチノールは肌のターンオーバーを、促す効果が期待できる成分と言われています。ターンオーバー、つまり肌の新陳代謝がフラーレンによって活性化されるのです。肌の新陳代謝が良くなれば、肌にハリ・弾力を出すコラーゲンの生成量が増える、メラニン色素の排出もスムーズに行われるようになります。フラーレン・レチノールを配合した基礎化粧品は、40代以降多くの女性が悩む肌トラブルに対応可能です。攻めのエイジングケアを行う為に、このような成分を配合した基礎化粧品でスキンケアしてみましょう。